精密根管治療(歯を残す治療)

ここに文章が入ります。

LEAVE TEETH

精密根管治療
(歯を残す治療)

歯を残す治療(根管治療)

根管治療とは

根管治療とは、根管の中から細菌に汚染されてしまった神経や血管、歯質や根管の先にできた膿などを取り除き、洗浄・消毒して歯の中で繁殖した細菌を退治し、特殊な薬剤を注入して密閉する処置で、歯を救う治療です。

日本の根管治療の現状

国内の保険での根管治療後の症状再発率
海外での根管治療成功率

東京医科歯科大学 須田先生「我が国における歯内療法の現状と課題」より抜粋したデータになりますが、平成21年の1年間で行われた歯内療法(抜髄治療、感染根管治療の合計)は計1,350万例以上で、その内訳は抜髄600万症例、感染根管治療750万症例なります。
しかしながら、⽇本の保険⽔準の根管治療の成功率は、30〜50%の割合でしかなく、そのほとんどが治癒せず再発し抜⻭に⾄るのが分かっています。

また、海外での根管治療は非常に成功率が高く、その理由にはマイクロスコープなどの設備が整い、治療時間の長さにも反映しております。

根管治療の国内成功率が低いのは、精密歯科機器の導入率の違い

日本でここまで根管治療の成功率が低く、海外での治療成功率は90%以上なのですが、なぜ国内における成功率はここまで低いのでしょうか?
それは、精密歯科機器の導入率の違いによるものです。

根管治療の成功率が低い理由とは

  • 肉眼、もしくはルーペ(拡大鏡)で治療(マイクロスコープを使用がない)している。
  • 細菌を含んだ唾液が患部に流入して細菌感染することを防ぐラバーダム防湿していない。
  • レントゲン撮影のみで歯科用CTで撮影していない。
  • 時間を確保できていない。

などそれ以外にもさまざまな理由があるのでしょうが、その多くはマイクロスコープをはじめとする治療設備が整っていないことが原因なのです。

当院の精密根管治療の流れ

STEP1精密検査

歯科用CT

⻭科⽤CT

CTスキャンでは、顔全体を360度から撮影します。
大量の断面画像を元にコンピューターで3次元化して、様々な角度から分析します。
レントゲン撮影では確認できない、病変や歯の状態を内部の位置関係も含めて正確に確認する事が可能です。

STEP2無菌的処置

ラバーダム

ラバーダム

ラバーダムとは根管治療を行う歯を隔離するために用いるゴムのシートです。
根管治療後の再発を予防するには、根管内部の細菌を徹底的に除去する必要があります。

ラバーダムの使用率

根管治療を専門とする日本歯内療法学会の会員 *1)
・ラバーダム防湿法を必ず使用する···25%
・ラバーダム防湿法を必ず使用しない・・・50%
日本歯内療法学会の会員以外 *1)
・必ず使用する・・・5%
アメリカ合衆国の根管治療専門医 *2)
・ラバーダム防湿法の使用率 90%以上

(参考文献)
(1) 吉川 根管処置におけるラバーダム使用の現状、日歯内療法,2483-86,2003
(2) whitten BH et al: Current trend in endodontic treatment report of a national surgery J Am Dent Assoc. 127-133-1341,1996

STEP3感染源の除去

マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープとは通常の8~20倍に拡大できる顕微鏡です。
マイクロスコープを導入していないクリニックでは、歯の根の長さを測る計測機器、レントゲン写真、手の感覚による手探りの感覚で細菌除去が行われています。

Ni-Tiファイル

Ni-Tiファイル

ファイルとは根管内側の汚染された歯質の除去を行う治療器具です。
ニッケルチタンファイルは、従来のステンレスファイルよりも非常にしなやかなため、歯根の形態を出来うる限り保存した根管治療が可能です。

STEP4再感染の予防

歯科用CT

MTAセメント

高い封鎖性に優れた殺菌性と抗菌性合わせ持ち、歯根膜の再生を促進や骨成長因子の生成を促し、骨形成を促進、耐歯根破折性の向上に期待できます。

重度の虫歯でも歯を残すための治療(根管治療)

マイクロスコープでの治療

抜髄根管治療

抜髄(ばつずい)根管治療とは、歯の神経や血液が含まれる歯髄(しずい)を抜く処置を指します。一般的にいう「神経を抜く治療」がこれにあたり、強い痛みを止めるために行われることがほとんどです。
麻酔をして歯を大きく削り、ファイルとよばれる小さな器具をつかって、歯髄を取りのぞき、痛みは1回目の治療で落ちつきますが、治療が終わったわけではありませんのでご注意ください。

感染根管治療

感染根管治療とは、ふたたび感染した根管をキレイにし、根尖病巣を治すための治療です。
抜髄治療後は、キレイになった根管内に薬剤を詰めて被せ物をしますが、一生もつとは限りません。
二次カリエス(再び虫歯になること)や歯にヒビが入ることで、細菌が根管内に侵入し、組織を感染させて根っこの先に膿のたまる根管病巣を発症させることがあります。

外科的根管治療

外科的根管治療とは、根尖病巣が感染根管治療をしても治らない場合に行われる外科処置で、病巣がある部分の歯ぐきを切開して骨を削って直接アプローチし、炎症をとめます。
原因を目視できるため、治療確率は高いといえるでしょう。
処置後は腫れることもありますが、歯を残すためには必要な処置といえます。

その他の治療

マイクロスコープ × 虫歯治療

感に頼らない。拡大視野でできるだけ削らない虫歯治療

人間の肉眼では1点で見えるものも拡大鏡(マイクロスコープ)を使うことで、実は2点に見えていることもあります。
大袈裟に言えば目をつぶって感覚だけで行うような、また言い換えれば真っ暗な中で車を運転するようなと同じことです。

拡大鏡(マイクロスコープ)を使ってきちんと目視で虫歯などの汚い部分を取る。虫歯も悪い箇所のみを削り取る際にも、削る歯の量を最小限に抑えることができるようになります。
これは当院の最低限行わなければいけない治療だと考え、精度の高い治療を全てにおいておこなっております。

また、診療室のモニターで患者様自身の口腔内の様子、歯の状態を確認できます。この「見える」治療は、治療後の虫歯再発予防にも繋がっていくのです。

マイクロスコープ × 歯周病治療

歯周病も中等度以上になれば外科手術

歯周病は歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)にあるプラークや歯石の中に含まれる歯石の中の細菌が原因で進行します。
中等度以上の進行した歯周病に対して行う外科処置が必要となります。外科手術では、歯茎を切開し、プラークや歯石を目視で確認しながら除去していくことが大切です。
ここまでの大きな治療にならないように、日々のホームケアと歯科医院での専門的な歯のクリーニングを定期的に受診し、お口の環境を良い状態に保ちましょう。

マイクロスコープ × インプラント

インプラント手術には欠かせないマイクロスコープ

インプラントは外科治療です。よって、手術部位をマイクとスコープで細部まで拡大視野を確保することで注意を払え、不用意に神経や血管などの組織を傷つけることはありません。
よって、患者様の体へのダメージを最小限に抑えた手術が可能となるのです。高度な技術が必要となる治療法ですので、より確実な治療のできる環境作りとして設置しております。

マイクロスコープ × 審美治療

美しいだけでなく、質の高い機能性と噛み合わせが可能

審美治療で大切な要素は「周りの歯との自然な調和」美しい仕上がりだけでなく、機能性と噛み合わせも高い精度が必要です。
そのためには、高精度で歯を削ったり、被せ物と歯を接着させる時にすき間を生じさせないためにマイクロスコープの使用は欠かせません。
肉眼とは異なり削る量の調整は、ミクロン単位で調整できることから、審美性と機能性、噛み合わせと質の高い治療が可能となります。

© 2022 KAGA DENTAL CLINIC.