精密治療・歯を残す治療

ここに文章が入ります。

LEAVE TEETH

精密治療

精密治療

「歯の残す。歯を残したい。」と思うまでに、虫歯や歯周病は進行し、その瀬戸際にいることで初めて歯の大事さを知るのではないでしょうか。
そんなことになる前に、しっかりと日々のホームケアと歯科医師による治療を定期的に行うことは重要です。

歯の失う主な原因には、
1位 歯周病(歯槽膿漏)50%、2位 虫歯20%、外傷・矯正その他 20%とされています。
この原因となる治療を精密で精度の高い治療が、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)治療です。

マイクロスコープを使った治療

マイクロスコープ × 虫歯治療

歯を残す治療

感に頼らない。拡大視野でできるだけ削らない虫歯治療

人間の肉眼では1点で見えるものも拡大鏡(マイクロスコープ)を使うことで、実は2点に見えていることもあります。
大袈裟に言えば目をつぶって感覚だけで行うような、また言い換えれば真っ暗な中で車を運転するようなと同じことです。

拡大鏡(マイクロスコープ)を使ってきちんと目視で虫歯などの汚い部分を取る。虫歯も悪い箇所のみを削り取る際にも、削る歯の量を最小限に抑えることができるようになります。
これは当院の最低限行わなければいけない治療だと考え、精度の高い治療を全てにおいておこなっております。

また、診療室のモニターで患者様自身の口腔内の様子、歯の状態を確認できます。この「見える」治療は、治療後の虫歯再発予防にも繋がっていくのです。

マイクロスコープ × 歯周病治療

歯を残す治療

歯周病も中等度以上になれば外科手術

歯周病は歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)にあるプラークや歯石の中に含まれる歯石の中の細菌が原因で進行します。
中等度以上の進行した歯周病に対して行う外科処置が必要となります。外科手術では、歯茎を切開し、プラークや歯石を目視で確認しながら除去していくことが大切です。
ここまでの大きな治療にならないように、日々のホームケアと歯科医院での専門的な歯のクリーニングを定期的に受診し、お口の環境を良い状態に保ちましょう。

マイクロスコープ × インプラント

歯を残す治療

インプラント手術には欠かせないマイクロスコープ

インプラントは外科治療です。よって、手術部位をマイクとスコープで細部まで拡大視野を確保することで注意を払え、不用意に神経や血管などの組織を傷つけることはありません。
よって、患者様の体へのダメージを最小限に抑えた手術が可能となるのです。高度な技術が必要となる治療法ですので、より確実な治療のできる環境作りとして設置しております。

マイクロスコープ × 審美治療

歯を残す治療

美しいだけでなく、質の高い機能性と噛み合わせが可能

審美治療で大切な要素は「周りの歯との自然な調和」美しい仕上がりだけでなく、機能性と噛み合わせも高い精度が必要です。
そのためには、高精度で歯を削ったり、被せ物と歯を接着させる時にすき間を生じさせないためにマイクロスコープの使用は欠かせません。
肉眼とは異なり削る量の調整は、ミクロン単位で調整できることから、審美性と機能性、噛み合わせと質の高い治療が可能となります。

高度な医療は精密な診断に基づいています。

精密診断する知識と設備を揃え、高度な医療を誰もが受けられる体制を整えることで、患者様の要望に答えられる歯科医院であるよう努めております。

LEAVE TEETH

歯を残す治療(根管治療)

歯を残す治療(根管治療)

「歯の残す。歯を残したい。」と思うまでに、虫歯や歯周病は進行し、その瀬戸際にいることで初めて歯の大事さを知るのではないでしょうか。
そんなことになる前に、しっかりと日々のホームケアと歯科医師による治療を定期的に行うことは重要です。

歯の失う主な原因には、
「歯周病」(37%)「むし歯」(29%)、「破折」(18%)、「その他」(8%)、「埋伏歯」(5%)、「矯正」(2%)とされています。

○どの歯が喪失しやすいか?

この問いに対して、喪失状況を年齢階級別にみると、奥歯から失われる傾向にあり、奥歯が失われてしまうとその前方にある歯は噛み合わせを支持する力が弱くなり、より歯を失われやすくなるという悪循環を生んでしまいます。

○喪失リスクの高い歯とは?

以下のような歯は喪失に至るリスクが高いことがわかってきています。

  • 未処置歯のむし歯
  • 神経をとられた歯である場合のクラウン(冠)装着されている歯
  • 部分義歯の針金がかかる歯
  • 歯周疾患が進行している歯

重度の虫歯(残根と言われる状態、歯髄にむし歯の炎症が及んだ状態)には根管治療が必要になります。
また、すでに神経取られ、クラウン(冠)装着した場合でも、歯の根の先に病変が残っていれば大きなダメージを与え、歯を失うこともあるのです。
歯の根の先の病変をしっかり取り除く治療もマイクロスコープを使用し、目視できる状態で治療を行うことが大切です。

重度の虫歯でも歯を残すための治療

重度の虫歯でも歯を残すための治療(根管治療)

歯を残す治療

根管治療とは、根管の中から細菌に汚染されてしまった神経や血管、歯質や根管の先にできた膿などを取り除き、洗浄・消毒して歯の中で繁殖した細菌を退治し、特殊な薬剤を注入して密閉する処置で、歯を救うために行う治療です。
歯の状態によって病名や治療内容が異なりますが、「感染した部分を除去する」という点では同じといえるでしょう。

抜髄根管治療

抜髄(ばつずい)根管治療とは、歯の神経や血液が含まれる歯髄(しずい)を抜く処置を指します。一般的にいう「神経を抜く治療」がこれにあたり、強い痛みを止めるために行われることがほとんどです。
麻酔をして歯を大きく削り、ファイルとよばれる小さな器具をつかって、歯髄を取りのぞき、痛みは1回目の治療で落ちつきますが、治療が終わったわけではありませんのでご注意ください。

感染根管治療

感染根管治療とは、ふたたび感染した根管をキレイにし、根尖病巣を治すための治療です。
抜髄治療後は、キレイになった根管内に薬剤を詰めて被せ物をしますが、一生もつとは限りません。
二次カリエス(再び虫歯になること)や歯にヒビが入ることで、細菌が根管内に侵入し、組織を感染させて根っこの先に膿のたまる根管病巣を発症させることがあります。

外科的根管治療

外科的根管治療とは、根尖病巣が感染根管治療をしても治らない場合に行われる外科処置で、病巣がある部分の歯ぐきを切開して骨を削って直接アプローチし、炎症をとめます。
原因を目視できるため、治療確率は高いといえるでしょう。
処置後は腫れることもありますが、歯を残すためには必要な処置といえます。

© 2022 KAGA DENTAL CLINIC.